飛沫感染とエアロゾル感染について私見

大阪でコロナウィルス感染が増え続けています。宣言解除が遅かった東京(一都三県)はこれから大阪以上の感染者が出るとも噂されています。

最近は◎◎型という変異種が大半を占めていて、特にイギリス型が感染力が強く、若い世代にも罹患すると警鐘が鳴らされています。ウィルスも進化し続けていますね。
フランスでは3度目のロックダウンで、今度は学校も閉鎖という重大事態です。一方日本では新学期を迎え、一年でも重要な時期なので、いくら若年層を守るためといってもなかなか休校というわけにもいかないでしょう。

ところで知識人の橋下徹氏が言っていましたが「重要なのは時短要請ではなく、飛沫感染防止のほうだ」との事。その通りだと思います。
さらに私見を加え「飛沫感染・エアロゾル感染を抑えることが重要」と思っています。

 

 

 

 

 

 

すべて©Fuji Television

 

 

イギリス型の感染力の強さは完全防備をしても感染するほどで決して侮れません。感染後の後遺症も残る恐怖もあります。
そのためまずは「窓を開けるなど換気を励行する」ことが重要ですが、寒暖など季節や花粉・黄砂の量、近隣での工事やセキュリティ上の問題があってできない場合は、特に「空間除菌」が重要なファクターだと思います。
弊社取扱い製品群(水成二酸化塩素、超音波噴霧器、スプレー)はそのサポートをいたします。
介護施設のほか、社員やスタッフ、ご来客者へのウィルス対策として採用いただいている企業様も多くあります。
液体は従来の除菌剤よりも効果が期待できるうえに揮発性や刺激性もないので、皮膚の弱い方やお子様、ご高齢者でも安心して使っていただけます。アルコール臭くも塩素臭くもありません。
とはいえ完全な対策というものはありませんので、やはりマスクは必須(相手に唾液をかけない)。食事の際にマスクがどうしてもイヤならせめて手で覆いながら話すだけでも、向かい側に飛んでいく飛沫は減らせます(基本はマスク外食励行です!)。

私たち一人一人がどう毎日を過ごすかで、未来は大きく変わります。できるなら皆が安心できる良い方向に進めたいものです。
そのためにも、より多くの方に安心してご使用いただけたらと思っています。