■その他の削減策

当コスト削減策は業界No.1の実績を持つ「節水システム」や「リバースオークション方式の電力コスト削減」の他にも、様々なメソッドがあります。
お客様のニーズや状況に合わせてそれらを組み上げ、最適なコスト削減策を構築します。もちろん単独のご活用も可能です。
当社が代行で削減交渉やオークションなどを行い、具体的な削減作業まで行いますので、お客様は確認・承認中心でお手間はかかりません。
見積や調査、ご提案はすべて無料で、コンサル費用などもいただいておりません。あくまで採用いただいたメソッドについての成果報酬などのみで、手付金や先行投資費用も一切かかりません。

 

■ガス費用の削減(ガス会社の切り替え)

インフラコストの一つであるガスも、2017年4月の規制緩和による都市ガス(LNG)自由化により、提供会社を切替えることで削減が可能です(法人は1995年から自由化)。
都市ガスだけでなくプロパンガス(LPG)も対応可能で、全国ご対応しております。
お客様のご住所を基に対応可能なガス会社をピックアップし、価格オークションを行い最安値の会社を案内します。
関東圏では東京ガスのエリアでニチガス、東電ガス、ENEOS、レモンガスなど多くの企業が参入しており、都市ガスで平均3~5%程度・プロパンでは最大20%程度の削減が見込めます。

 

■空調コストの削減(レンタル品)

ショールームや飲食店舗、百貨店やスーパー・SC、大手書店、家電店、パーラー、コールセンター、介護施設や病院など長時間~24時間営業する施設の空調(エアコン)のコストを削減するメソッド。
製品は実用新案や特許を取得している研究開発品で、CO2排出権取引(カーボン・オフセット)も正式に認証されており、また中小企業庁経営革新計画の革新的省エネルギー部材としても認定されています(承認番号29商流第927号)

製品はエアコンに簡単に設置できる非電動式・機械部品なしのシンプルなものです。メンテナンスはエアコン機器保守点検の際、同時に製品の表面を清拭するだけで効果は半永久的に持続します(法的耐久年数13年)。
凡そ空調に使用する費用の15%~が削減可能で、月々のレンタル費用は削減額の半分以内に収まるイメージです。
※3か月前告知でいつでも違約金なしで解約できます。

 

 

 

 

 

 

 

■電子ブレーカー(リース、買取り)

電子ブレーカー「JEL CONTROL SYSTEM」 製品画像従量・低圧契約のお客様向けに、電子ブレーカーを設置することで「基本契約容量を下げ、契約単価も下げる」メソッドです。現在使用中の電気機器を精密に検査し、ピーク電力を正確に見極めながら、余剰な電力をカットすべく契約電力を小さく見直しし、基本料金を大幅に下げます。
年間削減額は20万円以上になる場合もあります。

※電力会社の切り替えではありません。
※高圧電力・特高圧電力の契約には対応しておりません。

 

 

■エレベーター管理コストの削減(保守会社の切り替え)

日々の生活や仕事で毎日といって良い程使っているエレベーター。その管理保守業務は「万一の際は命に係わる」ことから、長年製造メーカーである大手電機メーカーが担ってきました。
しかし近年は『非メーカー系で必要な管理保守業務をしっかりとこなせる』会社が増え、十分上質でコストも抑えられるようになりつつあります。
非メーカー系とはいえ各社とも資本金も大きく、遠隔管理センターや緊急対応システム、各メーカーの部品を仕入保管してある環境ですので安心して切り替えができます。
・メーカー主導の価格設定を根本から見直した明確な価格体系
・利用者の目線から安価で、質の高いサービスを提供
条件によっては保守管理コストが従来の1/3まで削減できたケースもありますので、経費削減をお考えのお客様、保守費用が高くて困っているマンション管理組合様などには自信をもってご案内できます。

 

■キュービクルのコスト削減(入替時の費用、保守会社の変更による削減)

キュービクルは、電線から6600Vの高圧電流をトランスの代わりに変換し、施設で使える100~200Vの電圧に変換する機械を収めた「変圧設備」のことで、一定規模以上の電気を使用する建物や設備では設置が義務付けられています。
キュービクルは毎月の日常点検と年1回の年次点検が義務付けられていますが、取扱いは国家資格を持つ専門技師(電気主任技術者)しかできません。

当社がご提案するのは①キュービクルの保守業務を請け負う専門会社の切替えと、②耐用年数越えの機器入れ替えの際、より安価で耐久年数の長い業者をお繋ぎすること、の二つです。
①有名なのは「電気保安協会」というNPO団体です。その他一般企業もあります。キュービクルの保守管理は製造メーカーとは関係なく、電気主任技術者がいれば対応できますので、同じクオリティなら安いほうが無駄なコストを省けます。
②キュービクルは耐用年数10~20年ですが、高圧電流を変換する重要な設備ですので、適切な時期の交換が避けられません。ただし大変高額なもので、本体で250万~・緊急用蓄電設備は500万円~程度します。
しかし20年前の機器と比べ最新式のキュービクルは、金額はさほど変わりませんが大幅な稼働電力の削減がなされており、より高効率な設備に進化していますので、長い目で見たとき決して損ではなく、事故の危険性を回避し安心安全でより運用コストも安く運用できると解釈するほうが適切です。
※エリアによっては自治体のキュービクル交換更新補助金制度などもありますので、入替えの際は上手に活用するのも手です。
当社はより安価で安心安全な機器取扱会社をお客様にご案内します。

 

■駐車場のコスト削減・有効活用による負担軽減(賃料保障のサブリースシステム)

現在契約中の駐車場について運営会社の条件改善や、立体駐車場メンテナンス費用の削減についてご提案をします。
またオーナー様の駐車場をサブリース契約で一括借上げし、月極・一時預かり駐車場として運営するシステムで、賃料を保証します。
これによりお客様は空室リスクを排除した安定的な運営が可能です。借上げた駐車場の運営管理はこちら再度でご対応しますので、特にトラブル対応などのリスクが軽減されます。
これからの駐車場運営はサブリース方式が大きな割合となると思っています。
コストの削減と収益アップの両面でご提案が可能ですので、お気軽にお問合せください。

駐車場チラシ.pdf

その他もまだまだあり、ニーズや状況に合わせてメニューを組立て、最適なご提案を申し上げます(メニューにより、信頼できる専門会社をお繋ぎする場合があります)。
少しでも無駄な経費を抑えるお手伝いをいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

お気軽にお問い合わせください。070-5369-5959受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ